カテゴリ
サイトについて

絵提供:2ch全AAイラスト化計画さま

Internet Explorer 9以降、
Google Chrome/Firefox最新版での閲覧を推奨します。

月別アーカイブ
記事検索
86
コメント
マスコミ「安倍夫人の国賓レベル警護、空港ではVIP用出入り口を使用。相当な額の費用は税金から支出。通常夫人は対象外、超厳重な警護体制は妥当か」※追いかけまわし写真撮りながら




安倍昭恵夫人の“国賓レベル”の警護はいつまで続くのか 元SPは「通常、夫人は対象外」

今月1日、安倍晋三元首相の銃撃事件後、初めて地元・山口県入りした昭恵夫人(60)。支援者らと共に馴染みの飲食店や安倍家の墓を訪れた。彼女を行く先々で警護したのは10人程度の警察官だった。この超厳重な警護体制は妥当なのか、専門家に聞いた。

【写真】車両3台、警官10人以上の超厳戒態勢のなか山口入りした昭恵さん

VIP専用の出入り口を利用

昭恵夫人の山口入りを取材した記者は、厳戒態勢ぶりについて次のように語る。

「羽田空港で昭恵さんは、一般客が全員登場した後、地上バスから直接機内に乗り込み、最前列にSPと一緒に着席しました。一般客がいる搭乗ゲートを使わなかったのは、警備上のリスクを避けるためでしょう」

山口宇部空港に到着後も、真っ先に飛行機からSPと降り、一般客と違う動線を使ってVIP用の出入り口から空港を後にした。まず向かったのは、後援会関係者らが待つカレーショップだった。

「昭恵さんの乗ったワンボックスカーは、山口県警の警護車両などに挟まれて、計4台の車列を作って空港を出発しました。ほどなくして着いた先で、後援会関係者らと昭恵さんが会食する間、店の周辺を10人くらいのスーツ姿の警察官がガード。現場には私とカメラマンしかいませんでしたが、1人に対し、2人の警察官がベタ張りするような感じでした」(同・記者)

その後、昭恵夫人は、再び車列に守られながら長門市油谷にある安倍家の墓に向かった。

「100人近い支援者が待つ墓所でも、入口で待ち受ける2人の制服姿の警察官から検問されました。警戒ぶりだけ見れば、国賓が来ているんじゃないかと勘違いするほど。本気を出せば警察はとことんやるんだなと、感心すらしましたね」(同・記者)

昭恵夫人に対する万全の警備にかかる費用は、当然、税金から支出されている。不測の事態を防ぐためとはいえ、その額は相当なものだろう。

通常、元首相夫人に警護は付かない(以下略

全文はリンク先へ
[新潮 2022.8.8]
https://news.yahoo.co.jp/articles/72fd67594a660dec8b595076f40cf92544c2f212



   「通常」だって


   こんなマスコミに張られてる夫人が通常か?


   金の問題じゃないんだよ分からんか






















 ※関連記事


この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

オススメの新着情報

コメントページはこちら

管理人より
今年もよろしくおねがいします(´・ω・`)

手洗い・うがい・睡眠・栄養もお願いいたします

********

ギフトありがとうございました、
大切に使わせていただきます(・∀・)

ほしいものリスト

Amazon欲しいものリストです↑
どさくさです(・∀・)
最新記事
アクセスランキング