カテゴリ
サイトについて

絵提供:2ch全AAイラスト化計画さま

Internet Explorer 9以降、
Google Chrome/Firefox最新版での閲覧を推奨します。

月別アーカイブ
記事検索
76
コメント
【w】自民党 最後の切り札()林芳正さん「次の総理はこの私。我こそは保守本流の政治家」「総裁になれるチャンスは逃さない」




林芳正「次の総理はこの私」〈我こそは「保守本流」の政治家なり! 〉/聞き手・宮崎哲弥――文藝春秋特選記事【全文公開】

――林さんは今秋におこなわれる衆院選で鞍替えし、山口3区から出馬する決意を表明されました。山口3区は二階派の重鎮である河村建夫元官房長官の地盤であることから、すわ党内抗争勃発かと、大注目を集めています。7月の立候補表明会見では「この国の舵取りをしていくため、衆院議員への鞍替えというハードルを越えなくてはいけない」と、総理総裁への思いも滲ませました。

そこで今日は、この日本をどのように舵取りされるつもりなのか、ビジョンを伺いたいと思います20年ほど前、一緒にBSのトーク番組のレギュラーになったとき、あなたに付けたキャッチフレーズが「自民党・最後の切り札」でしたね(笑)。

林 それを聞いて、「じゃあ、私が出る時に自民党が終わっちゃうということですか?」と、思わず叫んだ記憶があります(苦笑)。(略

総裁になれるチャンスは逃さない(略

――うーむ、もう一つ危機感が具体性を帯びてこないなあ。しかし、「この日本のどん詰まり感を解消できるのは、林芳正だけだ」という支持者が多いのですね。

林 そこまであからさまな言葉はありませんが(笑)、「やっぱり若い人にやってもらわなきゃ」と声をかけてくださる方もいます。しかし、私はもう60歳。そんなに若くないですから、ちょっとこそばゆい思いをしたりしますが(笑)。

――もう還暦ですよ。まあそれでも政治の世界では比較的若手で通るのかもしれないけど。

林 いやいや、あくまで私はチャレンジャーの立場ですから。

――次の総裁選では当然、出馬を目指しますよね? 

林 もちろんです。今回は8月16日付で参院議員の辞職願を提出したので、私に出馬資格はありませんでしたし、同じ宏池会の岸田文雄会長が出馬されたので、岸田政権実現のために奔走しました。今後は身を紛にして岸田政権を支えたいと思っております。

一方で、常にチャレンジする意欲を持っていなければ、総裁の順番は回ってきません。2012年の総裁選でもそうでしたが、私はチャンスがあれば必ず手を挙げてきました。その姿勢を、これからも明確にしていきたいと思います。(以下略

全文はリンク先へ
[文春 2021.10.8]
https://news.yahoo.co.jp/articles/d5a99bc09eb925afcf8c821a81462dc99954e501


   「我こそは保守本流」??


   公開部分に出てこなかった


   彼も言ってたな「保守本流」



   自民の最後の切り札が林さんなの?!


   他の自民党議員に失礼では








この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

オススメの新着情報

コメントページはこちら

管理人より
今年もよろしくおねがいします(´・ω・`)

手洗い・うがい・睡眠・栄養もお願いいたします

********

ギフトありがとうございました、
大切に使わせていただきます(・∀・)

ほしいものリスト

Amazon欲しいものリストです↑
どさくさです(・∀・)
最新記事
アクセスランキング