カテゴリ
サイトについて

絵提供:2ch全AAイラスト化計画さま

Internet Explorer 9以降、
Google Chrome/Firefox最新版での閲覧を推奨します。

月別アーカイブ
記事検索
19
コメント
【朗報】外資が長野県に建設予定のメガソーラー、事業者が計画取り下げ!計画浮上から5年9カ月


 2019年12月、計画発表

長野)富士見町の「帰去来荘」にメガソーラー計画

明治から昭和にかけて多くの文人や政治家が訪れた長野県富士見町の著名な別荘を外国系の会社が買収、メガソーラーにしようと計画している。歴史ある閑静な住宅地ということもあり、住民からは戸惑いの声が続出。今後、本格的に反対していく構えを見せている。(以下略

全文はリンク先へ
[朝日 2019.12.2]
https://www.asahi.com/articles/ASMCR41BHMCRUOOB003.html


 2021年9月、町議会がんばる

メガソーラー開発の規制緩和に町議会が「ノー」 条例改正案を否決

環境保全条例の事前協議規定を緩和する富士見町の改正案が21日、同町議会の本会議で否決された。任期が今月末に迫った副町長の再任同意議案も否決され、8月29日に2期目をスタートした名取重治町政は第一歩から大きくつまずいた。

改正案は同条例の26条にある「土地取得前の事前協議」規定を抹消する内容。この規定を守っていないことを理由に外国業者のメガソーラー開発を阻止しようとしていた住民らには「寝耳に水」だった。名取氏は8月の町長選で太陽光発電条例の規制強化を明言していただけに「なぜ規制緩和?」と反発が高まっていた。(略

常任委員会は改正案を可決していたが、本会議では議長を除く10人中、賛成4人、棄権1人で否決。その後に採決された植松佳光副町長の再任同意議案も賛成4人で否決された。(以下略

全文はリンク先へ
[朝日 2021.9.22]
https://www.asahi.com/articles/ASP9P7K1YP9PUOOB00P.html


 きのう

長野県富士見町のメガソーラー建設計画 事業者が事前協議取り下げ

長野県富士見町は27日、同町塚平の帰去来荘(旧小川別荘)周辺でメガソーラー建設を計画していた外資系企業から、町との事前協議を取り下げる申出書が出され、19日付で受理したと明らかにした。事業者は町に対し「採算性が見込めないと判断した」と説明したという。計画をめぐっては景観への影響や土砂災害の懸念から反対の声も強く、町は専門家の助言を得て審査してきた。事実上の「撤回」で、計画浮上から約5年9カ月で一つの区切りを迎えた。

事業者は昨年11月に事前協議書を提出した。事業面積を1.38ヘクタール、発電出力を1080キロワットとし、切り土や盛り土をして造成した土地にパネルを23列並べる計画でいた。(以下略

[長野日報 2022.12.28]
https://news.yahoo.co.jp/articles/97419f9b264ab4b9f27cbf47294f473d51bd1ac1


   場所


長野県諏訪郡富士見町 – GoogleMAP


   よかったなぁ


   5年以上か・・・


   目をつけられたら悲惨だな








この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

オススメの新着情報

コメントページはこちら

管理人より
今年もよろしくおねがいします(´・ω・`)

手洗い・うがい・睡眠・栄養もお願いいたします
********
ギフトありがとうございました、
大切に使わせていただきます(・∀・)

ほしいものリスト

Amazon欲しいものリストです↑
どさくさです(・∀・)

最新記事
アクセスランキング