カテゴリ
サイトについて

絵提供:2ch全AAイラスト化計画さま

Internet Explorer 9以降、
Google Chrome/Firefox最新版での閲覧を推奨します。

月別アーカイブ
記事検索
22
コメント
安倍政権時に発足した宇宙作戦隊、「航空自衛隊 宇宙作戦群」として新編。中露開発のキラー衛星(他国の衛星を攻撃)などから国防








航空自衛隊「宇宙作戦群」発足。宇宙領域の指揮統制、監視能力強化

3月18日、防衛省は航空自衛隊宇宙作戦隊の能力を強化し、宇宙領域での活動を指揮、統制する「宇宙作戦群」を発足、東京都府中市の府中基地で発足記念行事を開催しました。

日本政府は防衛力の新しい軸になる分野として宇宙・サイバー・電磁波の3領域を重視しており、17日の「自衛隊サイバー防衛隊」発足に続いて宇宙分野の能力強化も進めていく方針です。

宇宙作戦群の拠点は府中基地に置かれ、発足当初は70人という比較的少人数で構成され、本部20人、自衛隊(陸海空)との連携をとる宇宙作戦指揮所運用隊に30人、2020年に設置された既存の宇宙作戦隊20人という編成になります。(以下略

全文はリンク先へ
[engadget 2022.3.19]
https://japanese.engadget.com/japans-self-defense-forces-established-the-new-space-operations-group-205032886.html



   ついに始動するのか







宇宙作戦隊、見切り発車の発足 「首相が新領域に熱心」

航空自衛隊の府中基地(東京都)に18日、宇宙作戦隊が新設された。宇宙を専門に扱う自衛隊初の部隊で、人工衛星に宇宙ごみがぶつかる危険がないかを監視する。ただ、必要なシステムはまだそろっておらず、3年ほどは本格稼働への準備期間となる。(略

宇宙空間では、スペースデブリと呼ばれるロケット部品や寿命を迎えた人工衛星などのごみが増え、ぶつかって衛星が壊れる懸念が高まっている。壊れれば気象観測やスマートフォンの位置情報など広い分野に影響がある。防衛上の情報収集もできなくなり、北朝鮮のミサイル発射への対応にも影響しかねない。

そうならぬよう新部隊は、衛星に危険が迫っていないかの監視が任務となる。中国やロシアは他国の衛星を攻撃できる「キラー衛星」や、地上と衛星との通信を妨害する技術を開発しているとも言われ、これらから日本の衛星を守る策を練ることも役目だ。(以下略

全文はリンク先へ
[朝日2020.5.18]
https://www.asahi.com/articles/ASN5L6JFVN5LUTIL03F.html



   安倍政権の時にスタートしたのか


   >中国やロシアは他国の衛星を攻撃できる
      「キラー衛星」や、地上と衛星との通信を
        妨害する技術を開発しているとも言われ



   中国ロシアとんでもねーな


   宇宙空間で技術的に優位に立つことは国民の安心につながる


   核保有が不可能なら宇宙から国防強化だな


   もっと防衛費を上げないと
        オーストラリアも増額決定らしいよ


   駐在武官の旗がずらっと並んでいるの好き


   宇宙作戦隊とかかっけなーまじで


   がんばれー!!


この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

オススメの新着情報

コメントページはこちら

管理人より
今年もよろしくおねがいします(´・ω・`)

手洗い・うがい・睡眠・栄養もお願いいたします

********

ギフトありがとうございました、
大切に使わせていただきます(・∀・)

ほしいものリスト

Amazon欲しいものリストです↑
どさくさです(・∀・)
最新記事
アクセスランキング